*

中小零細企業の社会保険

中小零細企業は、日本にたくさんあります。
誰もが知っているような大企業は立派ですが
国を本当に支えているのは中小企業ではないでしょうか。


平成27年4月より社会保険強制加入させる方針が打ちだされています。
社会保険の加入は、経営状況の厳しい零細企業からしてみれば良い話ばかりではありません。


一度、会社で社会保険を支払っている企業は経営が厳しいからと
社会保険を止めることは出来ないそうです。
止めるには会社を倒産や、企業活動を停止をもって
社会保険の脱退は認められるようですが、
なかなか会社を倒産させるのは安易に決められるものではありません


しかし脱退が不可能だとしても、厚生年金の保険料は標準報酬月額に保険料を掛けて算出されています。
工夫をすれば、年収を下げることなく
保険料を下げることも不可能ではないのです。
違法な行為ではなく、正しい運用で中小零細企業が生きていくのも
とても大切なことです。


保険や税金、年金の手続きはなにかと用語も多くて理解するのが難しい。

そんなときは手続きを代行で行ってくれる企業もあるんです。
お手ごろな価格から相談や手続きを行ってくれるところもあるようで
一度、専門家に相談するのもいいかもしれません。



コメントする